ピンクパンダが関与か? 中国で地下トンネル使った宝石強盗

11月4日(日)7時0分 NEWSポストセブン

大胆な泥棒が出現

写真を拡大

 中国広西チワン族自治区来賓市の宝石店で、地下からトンネルを掘って、店舗の展示室に忍び込み、600万元(約1000万円)以上のダイヤや真珠、金などの宝飾品をごっそりと盗むという大胆な手口による盗難事件が今年9月に発生していたことが明らかになった。


 警察は10人以上の強盗団の仕業とみて捜査しているが、いまだに犯人は逮捕されていない。しかし、盗みの手口などから、強盗団は日本やフランスなど欧州諸国で暗躍し、多額の宝飾品を盗んだ強盗グループ「ピンクパンダ」の残党との見方も浮上している。中国紙「南国金報」が報じた。


 この宝石店は来賓市中心部に店舗を構える「周六福」の来賓支店。周六福は広東省深セン市に本部を置き、香港を中心に、中国大陸全土を合わせて2200もの宝飾品店をチェーン展開しており、中国では業界最大手。


 事件が発覚したのは店員が朝に出勤したあとで、店内の宝飾品展示室の床の真ん中に大きな穴が開いており、展示ケースが割られ、ガラスの破片が散乱していた。


 ケースの中にあった金や真珠、ダイヤなどの宝飾品はひとつ残らず奪われており、全部で500点の貴金属が盗まれていたという。


 展示室には非常警報装置が作動しており、不審者が侵入した場合、警報が鳴る仕組みになっていたが、その電源が切られていた。また、地下のトンネルも展示室の真下から正確に掘られていることからも、店内の構造に詳しい者の犯行とみられる。



 このような犯行と類似しているのが、日本やフランスなど欧州で暗躍した宝石強盗団「ピンクパンダ」の手口だ。


 ピンクパンダのメンバーについては2018年1月、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開かれていた「第29回国際宝飾展」で真珠が入った袋6つと指輪1点、ネックレス68本(計約1500万円相当)を盗んだとして、警視庁が中国人の男女計7人を窃盗の疑いで逮捕。メンバーの1人は「真珠を盗んで中国で売ろうと思った」と容疑を認めている。


 同展では少なくとも数年前からピンクパンダによるとみられる窃盗事件が相次いでおり、警視庁が捜査員を配置して警戒していたところだった。


 ピンクパンダは欧州各国でも犯行を繰り返しており、フランスでは今回のように地下トンネルを使った犯行も起きている。ピンクパンダという名前はフランスの捜査当局が名付けたという。


 すでに、一味の大半は逮捕されたとみられていたが、来賓市での盗難はピンクパンダの残党ではないかとの見方も伝えられている。

NEWSポストセブン

「パンダ」をもっと詳しく

「パンダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ