韓国高官「影響は限定的」=軍事情報協定破棄でも

11月10日(日)17時33分 時事通信

 【ソウル時事】韓国大統領府の鄭義溶国家安保室長は10日、記者会見し、23日午前0時に失効する日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について、破棄しても「韓国の安全保障に及ぼす影響は限定的だ」と強調した。また、日本政府による韓国向け輸出管理厳格化措置が続く間は協定は維持できず、「この点は国民も理解してくれるだろう」と語った。
 鄭氏は、日韓関係の悪化は「韓国の立場からすれば、原因は日本側にあるとみている」と説明。文在寅政権が歴史問題への対処と安保協力などは分けて対応する「ツートラック(2路線)」政策を維持してきたにもかかわらず、日本側が元徴用工問題と絡め、輸出管理を厳格化したことが問題だとの認識を示した。 

[時事通信社]

時事通信

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ