<新華時評>暴力による選挙結果への妨害は絶対に容認できぬ

11月10日(日)14時55分 Record China

 新華社通信は9日、「暴力による香港区議会選挙結果への妨害は絶対に容認できぬ」と題した論評を掲載しました。

 論評は「区議会選挙に立候補した何君尭(ユニウス・ホウ)議員の襲撃事件は、香港選挙の公平・公正と安全を著しく脅かしている。暴徒やその背後に蠢く“反中政治屋”が“黒色テロ”を仕掛け、市民たちが表現や行為を差し控える“萎縮効果”を狙うことで、選挙の正常な秩序を破壊し、テロや暴力で選挙結果を左右し、権力を自分たちの手に入れようとたくらんでいる。彼らの暴力行為が国家と香港を愛する候補者だけではなく、2万人余りの選挙スタッフおよび400万人以上の有権者の安全をも脅かしている。これらの暴力行為は法律のボトムラインを踏みにじり、選挙制度と法の支配への甚だしい挑発であり、いかなる文明社会も絶対にこれを容認、看過できるものではあるまい」としています。(提供/CRI)

Record China

「選挙」をもっと詳しく

「選挙」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ