韓国で女子中学生を襲い妊娠させた罪に問われた男性、「愛してた」ので無罪に=韓国ネットは判決を猛批判「あり得ない」「韓国は法律がめちゃくちゃ」

11月11日(土)1時30分 Record China

9日、27歳年下の女子中学生に性的暴行を加え妊娠させた罪に問われた40代の男性に対し、韓国最高裁判所が無罪判決を言い渡した。理由は「愛していたから」だったという。写真は韓国。

写真を拡大

2017年11月9日、27歳年下の女子中学生に性的暴行を加え妊娠させた罪に問われた40代の男性に対し、韓国最高裁判所が無罪判決を言い渡した。韓国・ニュース1などが伝えた。

最高裁は同日、児童・青少年の性保護に関する法律違反の罪で起訴された芸能事務所代表のチョ被告(48)に無罪を宣告した原審を確定した。チョ被告は2011年8月、息子が入院していたソウル市内の病院で知り合った当時15歳のAさんに「芸能人にしてあげる」と近づき、その後数回にわたって性的暴行を加え妊娠させたとして起訴されていた。1審と2審は被告の罪を認めそれぞれ懲役12年・懲役9年を宣告したが、チョ被告は「愛していたから起こったことで、強姦(ごうかん)ではない」と主張し、上告した。

上告を受けた最高裁は「チョ被告が別件で収監されている間、被害者は『愛している』という内容の手紙を(被告に)送り続けていた」「普段からよくスマートフォンのメッセージアプリなどを通じても愛情表現をしていた」などとして、ソウル高裁に審理を差し戻した。

差し戻し審は15年10月、11カ月間にわたった審理の末にチョ被告に無罪を言い渡した。高裁は「被害者は拘置所でチョ被告に接見した際、被告からの強要と恐怖心から『手紙を書くよう強要された』と主張している」としながらも、「そうとは考え難い内容もあり、被害者が被告を心から心配する内容もあった」と説明した。

差し戻し審の宣告後、複数の市民団体から「児童・青少年の性的暴力被害に対する無理解と偏向的な態度をそっくりそのまま示した判決」として、無罪判決に強く反発する声が上がっていた。また検察は差し戻し審を不服として上告し、結局、最高裁で無罪が確定した。

無罪確定の報にネットユーザーからは男女双方から9000件近くのコメントが集まっているが、「何これ?」「あり得ない」と判決内容に衝撃を隠せないといったコメントをはじめ、「裁判官の娘が被害に遭っても同じ判決を下すかな?」「米国なら完全にアウト。韓国は法律自体がめちゃくちゃ」「韓国で最高に腐敗して汚い集団は、法を執行する司法部だ」といった法や裁判官への非難が相次いでいる。

被告に対しても「40を過ぎてるんだし、10代が自分のことを好きと言ってくれたとしても、自分をしっかり保たないと」「自分の地位を利用したんだ」「いくら大人っぽくても中学生は幼い。判断力にも欠けるし保護者の保護が必要。それを利用したんだから確実に罪がある」など厳しい声が上がった。

中には、かつて物議を醸した事件を挙げて「それなら女性教師が小学生と性的関係を持った事件も無罪にすべき。2人とも愛し合ってたそうじゃないか」「小学生と性的関係を持った女性教師は?彼女には後ろ盾がないみたいだね」との皮肉なコメントも寄せられた。(翻訳・編集/松村)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

妊娠をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ