深セン市福田区、5G+清掃ロボットが稼働開始—中国

11月11日(月)5時40分 Record China

5G+清掃ロボットチーム第1陣が福田区で正式に稼働開始し、深セン市の清掃活動が正式に5Gスマート時代に入った。

写真を拡大

5G+清掃ロボットチーム第1陣が福田区で正式に稼働開始し、深セン市の清掃活動が正式に5Gスマート時代に入った。福田区政府清掃PPPプロジェクト始動式が5日午前、深セン市民センター南広場で行われた。この中国内で初めて運営を実現した5Gスマート清掃PPPプロジェクトは、福田区政府と盈峰中連環境が共同担当した。5G商用試行都市の深セン市にとって、もう一つ新たなシンボルとなる可能性がある。深セン特区報が伝えた。

筆者が現場を取材したところ、5G+清掃ロボットは市民センターの公園内を移動していた。自主的にルートを設定し、スマートにごみを識別し、好奇心旺盛な多くの市民から注目を集めた。

福田区で稼働開始したスマート小型清掃ロボットチーム第1陣には様々なタイプのロボットが含まれ、「都市の毛細血管の清掃者」と呼ばれている。

「5G+人工知能(AI)」により、5G+清掃ロボットはレーザーレーダー、ミリ波レーダー、超音波レーダー、複眼高画質カメラ及び5Gモジュールなどを搭載している。高いデータ交換能力を持ち、情報への反応速度が速く、よりスマートな応用モデルを持つといった特徴がある。放水、ごみの清掃、ごみ拾い、ごみ運搬などの任務を遂行できる。時間とエリアを分けて働き、5G+AIの長所を十分に発揮し、全国トップのスマート清掃モデル街区を構築し、「スマート、高効率、安全」を強調し、全国清掃業界の新モデル・新基準を打ち立てる。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

Record China

「清掃」をもっと詳しく

「清掃」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ