なぜだ! 東南アジアの国々はなぜ日本に侵略されたのに「親日なのか」=中国メディア

11月12日(火)6時12分 サーチナ

東南アジアには親日の国が多い。中国メディアは、その理由について分析する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真を拡大

 近年は訪日中国人が増加し、日中関係も改善されてきているためか、中国人の反日感情はいくらか和らいできている。とはいえ、他のアジア諸国と比べると中国はまだまだ反日感情の強い国と言えるだろう。しかし、これは同じく「日本に侵略された歴史」を持つ他の東南アジアの国々にはあまり見られないことで、東南アジアには逆に親日の国が多い。中国メディアの今日頭条は6日、その理由について分析する記事を掲載した。

 その理由の1つに考えられるのは「記憶が少ない」ためだという。日本が東南アジアの国々を植民地下に置いた期間は長くても4年程度で、タイ以外の多くの国はそれ以前の西洋諸国による植民地支配と比べると期間が非常に短く、あまり記憶に残っていないと説明した。

 2つ目の理由として「プロパガンダ」があると主張している。日本は「大東亜共栄圏」という思想を広めたほか、それ以前の西洋諸国による植民地支配への憎しみを煽り、成功したとしている。例えば、ミャンマーにとっての英国、インドネシアにとってのオランダは「敵わない侵略国」だったが、日本軍は自分たちを解放し「民族としての自信」を取り戻させてくれた、むしろ感謝すべき存在として洗脳したと主張している。

 最後に3つ目として、「経済戦略」を挙げた。戦後に急速な経済復興を遂げた日本は、その経済力を利用して東南アジア諸国の「インフラ建設」を援助し、好感度を上げたと分析。国民は結局、「政治よりも目の前の生活が良くなることのほうが重要」で、日本は「賢く」人民の心を掌握してきたと主張した。

 理由はともあれ、日本が東南アジアで好感を持たれていることに対し、中国人は納得がいかないようだが、むしろ、こうした国々では中国や中国人の評判のほうが厳しいと言えるだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ