あまりに売れない平昌五輪のチケット、タダ券ばらまきも?—中国メディア

11月14日(火)16時20分 Record China

14日、韓国・平昌冬季五輪の開幕まで3カ月を切ったが、チケット販売は目標の4割に満たず、小中学生や軍人への無料券配布による「観客動員」で席を満たすことも検討されているという。資料写真。

写真を拡大

2017年11月14日、韓国・平昌冬季五輪の開幕まで3カ月を切ったが、チケット販売は目標の4割に満たず、小中学生や軍人への無料券配布による「観客動員」で席を満たすことも検討されているという。

中国メディアの中国新聞網が伝えたもので、韓国選手の活躍が期待されるショートトラックやスピードスケート、フィギュアスケート、さらに開会式やアイスホッケー決勝などの人気は高いが、他の競技の会場は半数が空席になるとみられるような状況だという。

韓国ではウィンタースポーツ文化があまり浸透していないこともチケット販売不振の一因で、会場の席を満たすため、小中学生や軍人に無料券を配布することも検討されているという。

「一つになった情熱(Passion.Connected)」というスローガンを掲げる平昌五輪は、来年2月9日に江原道・平昌のオリンピックプラザで開幕し、17日間開催される。(翻訳・編集/柳川)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

平昌五輪をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ