上海ディズニーで女性客がキャラクターの頭部を殴打、「中の人」が負傷=「超おもしろかった」と反省の色なし—中国

11月14日(火)18時20分 Record China

14日、杭州網によると、上海ディズニーランドで若い女性客がキャラクターの頭部を殴打し、「中の人」が負傷するトラブルが起きたという。写真は上海ディズニーランド。

写真を拡大

2017年11月14日、杭州網によると、上海ディズニーランドで若い女性客がキャラクターの頭部を殴打し、「中の人」が負傷するトラブルが起きたという。

中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に複数のユーザーが書き込んだ情報によると、10日午前10時ごろ、上海ディズニーランド内で若い女性が、近くにいた「チップとデール」のキャラクター・デールの背後から助走をつけて跳びかかり、頭部を叩いた。攻撃を受けたデールはその場で頭を抱えたという。

第一発見者だというネットユーザーは「叩いた時に頭から大きな音がした。デールは頭を抱えながら休憩スペースに入っていった」と語っている。また、「キャラクターの頭部は固定されており、衝撃が加わると脳震盪(のうしんとう)を起こす可能性がある」と指摘するユーザーもいた。

目撃者だという女性は、「キャストがすぐに女性を遮りつつ、デールが負傷した旨を(周囲に)丁重に説明していた。当事者は『だって叩いちゃいけないって知らないもん。超おもしろかった』と言っていて反省した様子はなかった。それから、デールはキャストに支えられながらその場を離れ、当事者の女性も連れて行かれた。関係者に話を聞いたら、デールの『中の人』は軽い脳震盪を起こしたよう」と語ったという。

これに対し、中国のネットユーザーからは「ひど過ぎる」「助走までするとは」「背後からじゃ無防備だろう」「どうしてこんなことするやつがいるんだろう」「分別のない子どもがするならともかく…」「デールの無事を願う」「この女はけがをさせた代償を払うべき」「逮捕してほしい」など、女性に対する非難のコメントが噴出している。

一方で、「友だちの肩や頭をポンと叩くのは普通じゃないのか。過失は過失だけど、そこまで当事者を攻撃する必要があるか」との意見も。ただ、これに対しては「自分の周りに頭を叩き合う友だちなどいない」「友だちに対して助走をつけて頭を叩くかよ」「それにしても加減というものがあるだろう」などの反論が浴びせられていた。(翻訳・編集/川尻)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ