大学入試を延期=浦項地震で会場被害—韓国

11月15日(水)21時33分 時事通信

 【ソウル時事】韓国教育省は15日、南東部の浦項で発生した地震を受け、16日に予定されていた日本の大学入試センター試験に相当する大学修学能力試験を1週間延期し、23日に実施すると発表した。試験会場に被害が出ており、金相坤副首相兼教育相は「受験生の安全を最優先にした決定だ」と理解を求めた。
 韓国メディアによると、災害の影響で同試験が延期されるのは初めて。
 「修能(スヌン)」と呼ばれる大学修学能力試験は、受験戦争の激しい韓国では一大行事となっている。騒音でリスニング試験に影響が出ないよう韓国政府が毎年、航空機の離着陸を統制したり、試験に遅刻しそうな生徒を警察が会場に送り届けたりするほど関係者は神経をとがらせる。 

[時事通信社]

時事通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

地震をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ