「紙の本」が読みたくてたまらなくなる図書館

11月15日(水)17時30分 ニューズウィーク日本版

<電子書籍全盛の時代でも、こんな芸術的な空間なら図書館に入り浸ってみたい>

アマゾンの電子書籍リーダー「キンドル」は11月12日に10周年を迎えたが、紙の本を好む人はまだ大勢いる。そうした書物愛好家をとりこにしているのが、中国でこのほど誕生した目を見張るほど美しい図書館だ。

「天津浜海図書館」は、10月に中国・天津市の浜海にオープンした。オンライン建築誌「アーキデイリー」によれば、この壮麗な図書館の広さは3万3000平方メートルを超える。

広大なアトリウムには、床から天井まで届く書架が据えられており、最大120万冊の書物を収納できる(ニューヨーク公共図書館本館の蔵書は、2015年時点で推定250万冊)。

この巨大建築の指揮をとったのは、オランダの建築事務所MVRDVと、天津市城市規劃設計研究院に所属する地元建築家チーム。わずか3年で完成させた。

図書館の要は、ホール中央にある巨大な球体構造。この球体を取り囲むように、天井まで達する周囲の書架が曲線を描いている。そのため、ここを訪れた人は、目のなかを歩いているような感覚に陥る。その錯覚こそ、この図書館が「浜海の目」という愛称で呼ばれているゆえんだ。


Ossip vanDuivenbode/MVRDV



Ossip vanDuivenbode/MVRDV


都会の新たなリビング

MVRDVの共同創業者ヴィニー・マースはプレスリリースのなかで、「図書館の中心にあるのは、都会の新たなリビングルームだ。書架は、腰を下ろせるスペースであると同時に、上階への通路にもなる。書架の角度と曲線は、読書、散策、ミーティング、議論といった、さまざまな使い方を触発するように設計されている。そのすべてが、この建物の『目』を形づくっている」と言う。


Ossip vanDuivenbode/MVRDV



Ossip vanDuivenbode/MVRDV


電子書籍の売り上げが急増する今、世界の図書館はどうしたら利用者に足を運んでもらえるか頭を悩ませている。天津浜海図書館の人気が教えてくれるのは、息を呑むような書架の連なりが、まちがいなくその良い出発点になるということだろう。


Ossip vanDuivenbode/MVRDV

(翻訳:ガリレオ)


アナ・メンタ

ニューズウィーク日本版

この記事が気に入ったらいいね!しよう

図書館をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ