中国「国歌法」適用の香港でまた中国国歌にブーイング—米メディア

11月15日(水)10時10分 Record China

14日、中国の国歌に対する侮辱行為を禁止する「国歌法」の適用が決まった香港で再び、サッカーの国際試合で香港サポーターの一部が中国国歌の吹奏中にブーイングを浴びせる事件が起きた。写真は香港の中国国旗掲揚。

写真を拡大

2017年11月14日、中国の国歌に対する侮辱行為を禁止する「国歌法」の適用が決まった香港で再び、サッカーの国際試合で香港サポーターの一部が中国国歌の吹奏中にブーイングを浴びせる事件が起きた。

米自由アジア放送(RFA)が香港メディアの報道を引用して伝えたもので、14日に香港で行われたサッカーの「アジアカップ2019」3次(最終)予選の香港−レバノン戦で、香港の一部サポーターが中国国歌の演奏中に大きなブーイングをしたり、「不適切なハンドサイン」をしたりしたという。

香港ではこれまでもサッカーの国際試合で香港の一部サポーターが中国国歌にブーイングを浴びせる事件が頻発している。アジアサッカー連盟(AFC)は先月31日、香港で同10日に行われたアジアカップ予選の香港−マレーシア戦で香港の一部サポーターが中国国歌の演奏中にブーイングを浴びせたとして、香港サッカー協会に警告したと発表した。

中国の全国人民代表大会常務委員会は今月4日、国歌を侮辱した者を刑事罰の対象とし、最高で禁錮3年を科す改正法案を可決した。さらに国歌法を香港の「憲法」にあたる香港基本法の付属文書に盛り込んだ。香港政府は立法会(議会)に罰則規定などの関連法案を提出し、成立後に本格運用されるという。

国歌法が香港基本法に盛り込まれてから初の国際試合となった今月9日の親善試合のバーレーン戦でも、香港の一部サポーターが中国国歌の吹奏中にブーイングを浴びせ抵抗の意思を表明したと伝えられている。(翻訳・編集/柳川)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

国歌をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ