中国とはこんなにも違う「日本の中流階級の戸建住宅事情」=中国報道

11月15日(水)12時12分 サーチナ

中国人の「家」へのこだわりは日本人以上であり、「家を購入してこそ安心して生活することできる」と考える傾向が強い。それゆえ、中国人としては日本の住宅事情についても関心があるようだが、中国メディアの今日頭条は9日、「日本の中間層の住宅は内装も外装も精巧だ」と紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真を拡大

 中国人の「家」へのこだわりは日本人以上であり、「家を購入してこそ安心して生活することできる」と考える傾向が強い。それゆえ、中国人としては日本の住宅事情についても関心があるようだが、中国メディアの今日頭条は9日、「日本の中間層の住宅は内装も外装も精巧だ」と紹介する記事を掲載した。

 日中両国とも都市部に人口が集中していることは共通しており、都市部ではマンションなどの集合住宅に住む人が多いものの、日本では土地を所有することができる点で中国とは事情が異なる。記事は「日本では土地が所有できるゆえに、都市部の郊外では戸建住宅を所有する人も多い」と指摘し、中間層の日本人は「独創性のある2階建ての家を選択する人が多い」とした。

 中国では土地はすべて政府が所有しているので、土地の使用権を購入できても所有権は移転しない。マイホームを建てたとしても国に公共の利益を理由に立ち退きを命じられた場合は従わざるを得ない。この点、日本では住宅の購入を考慮する際に、様々な考え方や選択肢があるのは中国との大きな違いと言えよう。

 記事は京都の住宅地で撮影した様々な戸建住宅の写真とともに、日本の住宅事情を紹介している。中国では戸建住宅が見られるのは主に農村地域であり、都市部では高層マンションに住まざるを得ないのが現状だ。もしくは富裕層しか購入できない別荘というのが戸建住宅に対する中国の一般的なイメージであるゆえ、中国人から見ると日本の住宅地の様子は興味深く映るようだ。

 日本では新興住宅地でも全く同じ家が並んでいるのではなく、「それぞれ異なる家の外観は家主の感性が表れている」と紹介。また内装については「日本人は自然の木材に首ったけの様子で、内装は木材が多く使用されている」としたほか、キッチンについては「中国のように油を多く使った料理を作らないので、オープンキッチンにしても心配はいらない」とした。

 日本では戸建住宅でもマンションでも床はフローリングや畳などあまり固くない材質のものを多用するが、中国ではタイルなど固い材質のものが好まれる違いがある。中国ではマンションを購入する時は自身で内装をすべて決めないといけないので、日本の住宅の内装は大いに興味をそそるものとなっているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

中国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ