北の人権侵害非難決議、13年連続採択…国連委

11月15日(水)15時28分 読売新聞

 【ニューヨーク=橋本潤也】国連総会で人権問題を扱う第3委員会は14日、日本と欧州連合(EU)が提出した北朝鮮の人権侵害を非難する決議を無投票で採択した。

 採択は13年連続。

 決議は、北朝鮮が国民の福祉を顧みずに核兵器や弾道ミサイルを追求しているとして非難する内容。拉致問題にも言及し、被害者の即時帰国など早急な解決を求めている。

 外国人への拷問や恣意しい的な拘束についても「深刻な懸念」を強調した。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

この記事が気に入ったらいいね!しよう

非難をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ