米中、APECサミットで激しい応酬—米メディア

11月18日(日)12時0分 Record China

17日、米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは、米中のリーダーがアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で激しい応酬を繰り広げたと報じた。

写真を拡大

2018年11月17日、米ボイス・オブ・アメリカの中国語版サイトは、米中のリーダーがアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で激しい応酬を繰り広げたと報じた。

記事によると、APEC首脳会議がパプアニューギニアで開幕し、貿易問題などで対立する米中のリーダーのかけひきも始まった。

首脳会議に先立ち、域内の企業経営者が参加するAPEC・CEOサミットで、中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席と米国のマイク・ペンス副大統領が演説を行った。

習主席は、「米国第一主義」を掲げる米国のトランプ政権を念頭に、保護貿易主義や単独主義を批判。「世界は開放か閉鎖かの岐路に立っている」とし、中国が推進する経済圏構想「一帯一路」こそが地域や世界が経済発展を共有するチャンスだとアピールした。

一方、習主席に続いて演説したペンス副大統領は、中国の貿易障壁や知的財産権の侵害、一帯一路における「債務のわな」を非難。援助を名目にした巨額融資で相手国を債務不履行に陥らせて主権や独立性を脅かす中国の外交姿勢を強く批判した。(翻訳・編集/岡田)

Record China

「APEC」をもっと詳しく

「APEC」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ