マイナス30.7度の極寒!「中国の北極」漠河でこの冬の最低気温を記録—中国

11月18日(月)0時30分 Record China

強力な寒気の影響を受け、「中国の北極」といわれる黒竜江省大興安嶺漠河市では、48時間以内に気温が16度も急激に低下し、13日朝の気温はマイナス30.7度まで下がり、この冬の最低気温を記録した。

写真を拡大

強力な寒気の影響を受け、「中国の北極」といわれる黒竜江省大興安嶺漠河市では、48時間以内に気温が16度も急激に低下し、13日朝の気温はマイナス30.7度まで下がり、この冬の最低気温を記録した。中国新聞網が伝えた。

漠河市の冬は長く、気温は通常マイナス40度を下回り、年平均気温はマイナス5度、霜が降りない日は年間約80日間だけという国内で「最も寒い」都市で、市内の北極村では、国内で唯一オーロラを鑑賞し、白夜を体験できる場所となっている。

冷たく寒い天気でも観光客の観光意欲に水を差すことはないようで、北極村を訪れる観光客は、ダウンジャケット・綿入れ帽子・マフラー・手袋で「完全武装」し、新たに作られたさまざまなユニークな景観の前で撮影し、微信(WeChat)のソーシャル機能「モーメンツ」でシェアした。観光客の間で特に人気が高いのは、農業用トラクター。雪景色をバックに真っ赤なトラクターに乗る姿は「イケてる」感たっぷりだ。

漠河市気象局の担当者は、「今週の漠河の最低気温はマイナス30度前後が続くと予想される。気象局は、服をさらに重ね着するなどして防寒に心がけるよう、観光客や地元住民に注意を促している」とした。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ