中国が初の火星探査任務着陸機ホバリング障害回避試験を完了—中国メディア

11月20日(水)13時10分 Record China

中国初の火星探査任務着陸機ホバリング障害回避試験が先ごろ、河北省にある地球外天体着陸総合試験場で無事完了した。今回の試験で、中国の火星探査着陸機が初めて公開された。

写真を拡大

中国初の火星探査任務着陸機ホバリング障害回避試験が先ごろ、河北省にある地球外天体着陸総合試験場で無事完了した。今回の試験で、中国の火星探査着陸機が初めて公開された。試験では着陸機が火星環境下でホバリングや障害回避、減速下降を行う過程をシミュレーションし、その設計の正確性を総合的に検証した。経済日報が伝えた。

中国初の火星探査任務チーフデザイナーである張栄橋(ジャン・ロンチアオ)氏は同試験場で、「探査機は発射後約7カ月間の飛行を経て火星に到達し、最終的に火星に着陸するための時間はわずか7分間しかない。そのためこのプロセスは最も困難で、最大の挑戦となる。地球と火星の自然環境は大きく異なり、重力は地球の3分の1しかない。今日の実験では、高さ70メートルの本体から切り離された後、高度67メートルでホバリングし、この高度から地面の安全に着陸できる場所を探してから、障害を回避しつつ高度20メートルまで下降する過程を主にシミュレーションした」と語った。(提供/人民網日本語版・編集/AK)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ