南からやって来たパンダ、初雪に大はしゃぎ—中国

11月20日(水)22時30分 Record China

パンダが南方地方から北方地方に連れられて来た場合、その環境や気候の違いから、戸惑ったり、はしゃぎまわったりする姿をしばしば目にすることができる。

写真を拡大

パンダが南方地方から北方地方に連れられて来た場合、その環境や気候の違いから、戸惑ったり、はしゃぎまわったりする姿をしばしば目にすることができる。このほどそんなパンダのはしゃぐ一幕が遼寧省の瀋陽森林動物園でも見られた。遼瀋晩報が伝えた。

14日、遼寧省では今シーズン初の雪が降り、瀋陽森林動物園も一面の銀世界となった。そして四川省からやって来たパンダたちがそんな大雪を見るのはこれが初めて。飼育員らがパンダを外に出すと、思わず何が起こったのかわからない表情を見せたが、しばらくするとはしゃぎまわり、午前中いっぱい雪遊びを楽しんだのだという。

数日前、黒竜江省尚志亜布力パンダ館でも今シーズン初の雪が降り、パンダらが大興奮。外に出て転げまわり、大はしゃぎした。

中国南方からやって来たパンダたちはいずれも北方の大雪を目にするや、たちまちテンションが一気に上がり、我を忘れてはしゃぎ、転げまわってしまうようだ。

パンダがはしゃぐ様子を見た南方に住む人々は、そのかわいさに癒されると同時に、きっと初めて雪を見た時の自分の姿と重ね合わせていることだろう。

パンダは冬に屋外で活動しても寒くない?

瀋陽森林動物園の関係責任者によると、パンダはもともと暑がりで、寒い環境を好み、零下10-22度くらいまでなら問題なく過ごすことができる。冬になると、午前10時から正午12時までが、パンダが最も活発に動き回る時間で、その他の時間は、食べては寝て、起きては食べを繰り返すことになるという。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

Record China

「パンダ」をもっと詳しく

「パンダ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ