30年間喫煙した男性の肺の黒さに驚愕「それでもタバコを吸いますか?」(中国)

11月21日(木)5時50分 Techinsight

30年間喫煙し続けると肺は…

写真を拡大

世界保健機関(WHO)の2017年の報告書では、年に700万人が喫煙が原因で死亡していることが明らかになっている。また15歳以上の喫煙者は約11億人にのぼると推計されており、受動喫煙により命を落とす人も約89万人と決して少なくない。タバコが身体に良くないとわかっていてもどうしても止められないのが現状なのだろうが、このたび中国で30年間タバコを吸い続けた男性の肺の映像が公開され、医師らは「それでもタバコを吸いますか?」と訴えている。

22歳でタバコを始め、30年間ヘビースモーカーだった中国在住の52歳の男性が脳死し、移植待機患者のために肺が摘出された。しかし男性の肺は、健康なピンク色とは程遠く黒ずんでおり、医師らは移植を中止した。

江蘇省にある無錫市人民医院のチェン・ジンユー医師(Chen Jingyu)は、男性の肺について次のように語った。

「移植前の検査では、肺が機能し身体に十分な酸素を供給できているかを示す酸素飽和指数に問題はありませんでした。ただ男性の脳死が確認された後、肺のCTスキャンを行わずに摘出したため、男性の肺の状態がこれほど酷いとは思いもしませんでした。肺の移植には60歳未満であること、レントゲン検査で異常が見られないこと、重い肺感染症がないなどの厳格な規定がありますが、この男性の肺が移植不可なことは明らかでした。」

「中国人はタバコが大好きでヘビースモーカーが多いため、この男性のように黒ずんだ肺を目にすることは少なくありません。ヘビースモーカーの場合、死後に肺の移植ができない場合が往々にしてあります。この肺を見て、それでもタバコを吸う気になりますか?」


なお中国の喫煙人口は3億人を超えており、比較的安価で購入できるタバコの消費量は貧困地区で多い。また中国は世界のタバコの3分の1以上を消費しており、『タバコ・アトラス(Tobacco Atras)』の2015年の調査では、15歳以上の中国男性の喫煙率は45%を超えることが明らかになっている。

喫煙によるリスクは肺がんのほかにも脳卒中、虚血性心疾患などの循環器疾患、呼吸器疾患、糖尿病、妊娠周産期の異常、歯周病などがあげられ、『The Sun』では喫煙者の寿命は非喫煙者よりも10年短くなることを指摘している。まさに喫煙は“百害あって一利なし”なのである。

画像2、3枚目は『The Sun 2019年11月18日付「SMOKE SCREEN Horrifying video shows how years of smoking leaves your lungs blackened by tar build up」(Credit: AsiaWire)(Credit: Facebook/Amanda Eller)』のスクリーンショット

Techinsight

「喫煙」をもっと詳しく

「喫煙」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ