ベトナムで中国車を探してみた! 見かけたのは「日本車ばかりだった」=中国

11月27日(金)14時12分 サーチナ

ベトナムのバイク市場では日本メーカーが圧倒的なシェアを占めており、中国メーカーは惨敗していると言えるが、自動車市場ではどうなのだろうか。(イメージ写真提供:123RF)

写真を拡大

 現在、ベトナムにおいて人びとの主な交通手段となっているのは二輪車だが、最近では経済成長に伴って自動車も増えてきているようだ。ベトナムのバイク市場では日本メーカーが圧倒的なシェアを占めており、中国メーカーは惨敗していると言えるが、自動車市場ではどうなのだろうか。

 中国の動画サイト西瓜視頻はこのほど、ベトナムのスーパーの駐車場で見かけた自動車について紹介する動画を配信した。ベトナム在住という撮影者の中国人は、中国車がないか探してみたという。

 この動画では、ベトナムにある日系の大型スーパーの駐車場を紹介している。撮影者は見かけた自動車のメーカーについて「トヨタが多い」と伝えている。ほかにも日産やホンダなどの日本車が多く見られ、日本車以外ではドイツ車や韓国車も見かけたようだが、中国車は「1台もなかった」そうだ。中国車を見つけられなかったことに落胆した様子の撮影者だが、ベトナムは二輪車だけでなく、自動車市場においても日本メーカーが強さを発揮していると言えるだろう。

 この動画に対し、中国のネットユーザーからは「自分も前回ベトナムに行った時、中国車は見かけなかった」、「中国車を探すのはやめた方がいい。基本的にはないのだから。大型トラックならベトナムにも中国車があるが」とのコメントが寄せられ、ベトナムで中国車を見かけないのは普通のことのようだ。

 その理由として、「中国品質は世界的に有名だからね。ベトナム人は使う勇気がないのだ」、「中国車は中国人からも信用されてないからだ」など、品質に問題があるとの意見が多かった。さらに、「ベトナムでは中古の日本車と新車の中国車が同じ値段だが、中国車を買う人はいない」との指摘もあった。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ