中国高速鉄道が初の「まるごと輸出」—中国メディア

11月30日(月)10時40分 Record China

29日、人民網は、中国初の高速鉄道の「まるごと輸出」となるインドネシアの高速鉄道建設プロジェクトで使用するレールが、中国からインドネシアに向けて出発したことを報じた。

写真を拡大

2020年11月29日、人民網は、中国初の高速鉄道の「まるごと輸出」となるインドネシアの高速鉄道建設プロジェクトで使用するレールが、中国からインドネシアに向けて出発したことを報じた。

記事は、中国とインドネシアが協力して建設を進めているジャカルタ—バンドン間高速鉄道について、全長142.3キロで、東南アジアの高速鉄道では初となる設計最高時速350キロの規格を持つと紹介。中国が関連技術をすべてひとまとめにして輸出する初めての高速鉄道プロジェクトであり、2018年に着工、21年に完成予定であるとした。

そして、高速鉄道の「まるごと輸出」の一部であるレールの最初のロットが28日午前、広西チワン族自治区の防城港から出発したと伝えた。このレールは今年1月末に攀鋼集団が受注し、製造が行われてきたと説明するとともに、中国が定尺レール輸出を実現した数少ない国の仲間入りを果たしたと紹介している。

記事は、来年に完成を予定している同高速鉄道が、現地市民の外出に大きな利便性を提供するとともに、インドネシアの経済、社会の発展も促すことにつながると説明。「一帯一路」構想が進むにつれ、中国はインドネシアを含む東南アジア諸国との協力を深め、グローバル経済のさらなる質の高い発展を促す役割を果たすことになると報じた。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ