IS敗走後に集団墓地と数100人の遺体

12月1日(火)17時30分 ニューズウィーク日本版

 イラク北部のシンジャール付近で、少数派ヤジディ教徒の多数の遺体を埋めた集団墓地が次々と発見されている。遺体の少なくとも一部は生き埋めにされたものだという。

 BBCの報道によると、イラク当局は先週、110人以上の遺体が埋まった場所を発見した。場所はシンジャールから約10キロ西で、シンジャールが敵の手に落ちた場合備えて手製爆弾(IED)が仕掛けられていたと、アルジャジーラが伝えている。

若い女は売り、年寄りは生き埋め?

 先週末にはイラク当局が、さらに3カ所の集団墓地を発掘。遺体の数は合わせて80〜100人分になるという。これでイラク当局が発見したヤジディ教徒の集団墓地は少なくとも7カ所にのぼる。2週間前には、ヤジディ教徒の女性ばかり40〜80人の遺体が埋められた場所が見つかった。性奴隷として売ったりレイプするには「年を取り過ぎている」とみなされた女性たちのようだ。

 2014年8月にイラクとシリアを結ぶ要衝シンジャールを制圧したISIS(自称「イスラム国」、別名ISIL)は、この地に住むヤジディ教徒を異教徒とみなして暴虐の限りを尽くした。男性は殺害され、何百人もの女性と少女は性奴隷として捕らえられ、残ったヤジディ教徒はシンジャール山の山頂に逃れたが、そこでもイスラム教への改宗を無理強いされ、拒めば殺害された。

 アメリカ主導の有志連合はその直後からシンジャールのISISに空爆を開始。今年11月には、空爆による支援を受けて、シリアの少数民族クルド人民兵組織ペシュメルガが地上で猛攻を仕掛け、シンジャールを奪還した。

 ISISが敗走した後には多くの集団墓地が残された。

 ISISはヤジディ教徒、ならびに他の宗教・民族的マイノリティーを大量に殺害し、「ジェノサイド、戦争犯罪、および人道に対する罪を犯した疑いがある」と国連は述べている。

ルーシー・ウェストコット

ニューズウィーク日本版

「遺体」をもっと詳しく

「遺体」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ