故宮の原型?陝西省で中国最古の宮城発見か—中国メディア

12月3日(月)20時0分 Record China

陝西省考古研究院はこのほど、延安市の芦山●(山の下に卯)遺跡の最新の調査結果を発表した。遺跡内では四合院に似た構造を持つ高級建築群があり、そして中心の大通りを中軸とした左右対称の構造を示している。

写真を拡大

陝西省考古研究院はこのほど、延安市の芦山●(山の下に卯)遺跡の最新の調査結果を発表した。遺跡内では四合院に似た構造を持つ高級建築群があり、そして中心の大通りを中軸とした左右対称の構造を示している。これは中国最古の宮城の原型かもしれない。科技日報が伝えた。

発掘により、大営盤梁人工台基の上部に3つの屋敷が分布していることが確認された。北の大型屋敷と南の2つの小型屋敷が「品」の形をしている。建設が始まったのは廟底溝二期後期で、甘泉史家湾、襄汾陶寺遺跡の早期と同じ年代だ。

1号屋敷の構造はほぼ明らかになっており、四合院型の二進構造となっている。屋敷は南向きで、東西の壁の内側に沿って建物が整然と並び、入口はいずれも屋敷の中心を向いている。

屋敷の中部の北寄りには3軒の主要建築物が並び、南側を向いている。建築面積はそれぞれ約200平方メートルで、建築物間には幅3メートルの通路がある。主要建築物は屋敷を前と後に分けている。前屋敷の中心には南北方向の大通りがあり、南門巷道と主殿を結び、この屋敷の中心の大通りとなっている。その東西には左右対称に低い窪地(池もしくは溜池)があり、前屋敷の集中的な貯水に用いられていた。排水の機能を持っていた可能性もある。

芦山●調査チーム長、陝西省考古研究員副研究員の馬明志(マー・ミンジー)氏は「全体的に観察すると、竜山時代後期から夏・商・周時代の都邑遺跡には、宮城もしくは宗廟建築の配置が芦山●の大営盤梁宮殿屋敷と近いものがあり、整った四合院の構造を示している。例えば原鳳雛宮殿(宗廟)建築遺跡などとの間には、ある種のつながりがあるかもしれない。芦山●中心エリアの人工台基及びその上部に構築された整った屋敷は、中国の古い宮殿もしくは宗廟建築の早期形態の一つと見なせるかもしれない」と述べた。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ