携帯電話メーカーのHTC、世界5G市場に進出へ—中国メディア

12月4日(火)5時20分 Record China

携帯電話メーカーのHTCは来年上半期に初の5Gモバイルスマートネットワークセンターを世界でリリースし、米携帯電話事業者スプリントと提携し米国の5G市場に進出すると発表した。資料写真。

写真を拡大

携帯電話メーカーのHTCは来年上半期に初の5Gモバイルスマートネットワークセンターを世界でリリースし、米携帯電話事業者スプリントと提携し米国の5G市場に進出すると発表した。北京晨報が伝えた。

同社の王雪紅(ワン・シュエホン)会長兼CEOによると、同社は5G時代の生態圏を構築中だ。新たな科学技術の時代の節目を迎えたが、スマートフォンは依然として人類生活の不可欠な部分であり続ける。王氏は、次の10年はAR(拡張現実)、VR(仮想現実)、AI(人工知能)、ブロックチェーン、5G高速ネットワークが活躍すると信じている。「5G時代の到来に伴い、われわれはすべての戦略的な偉大な理想を実現し続ける。かつてけん引し続けてきた3G・4Gなどの通信技術の進化と同様、われわれは5G時代の到来に向け準備を急いでいる」

HTCは携帯電話業界でかつて輝かしい成績を収めていた。1998年に世界初のワイヤレス・タッチコントロール端末を、2005年には世界初の3GWindowsOSスマホを、2008年には世界初のアンドロイドスマホを、2010年には世界初の4Gアンドロイドスマホを、2013年には世界初のフルアルミ合金ボディスマホを発売した。この携帯電話業界のかつてのエリート企業は、2012年より下り坂に入った。携帯電話市場で敗北すると、同社は3年前より事業の重心をVRに移した。(提供/人民網日本語版・編集/YF)

Record China

「携帯電話」をもっと詳しく

「携帯電話」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ