中国人が抱く疑問「日本の弁当はなぜ高級感を醸し出しているのか」=中国メディア

12月4日(水)16時12分 サーチナ

中国メディアは、日本の弁当は「普通の食事に高級感を与えることができる」と紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真を拡大

 日本の弁当文化は、中国人にとって魅力的なようだ。中国ネット上でも美しい弁当の数々が紹介され称賛されているが、日本人はなぜそんなに美しい弁当を作れるのだろうか。中国メディアの今日頭条は11月30日、日本の弁当は「普通の食事に高級感を与えることができる」と紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本の弁当は美しくて彩り豊かで、そのうえ栄養バランスも良く「高級な感じ」がするとしつつも、内容はごく普通の弁当だと紹介した。なぜ「何でもない普通の弁当をここまで昇格」させられるのだろうか。

 記事の筆者は、日本という国は「匠の精神と中二病が合わさった国」なので、細かいところにまで執着を見せられるのだろうと分析。実際、子どもを持つ日本の母親たちの作るキャラ弁はとても凝っていて、見た目もきれいで栄養も考えられており、こだわりがなければできない技だ。

 筆者によると、日本の弁当の最大の特徴は「用意したおかずを最後にきれいに並べる儀式」があるからだという。栄養バランスや高さ、彩りを考えたおかずを用意し、中国の弁当のようにただ詰めるのではなく「きれいに並べる」そのひと手間が「高級感」を出しているということのようだ。

 同じものを食べるのでも、見た目の美しさがあるのとないのとでは大きく違う。日本のキャラ弁やデコ弁は世界に知られる弁当文化の一部となっていると言えるだろう。おいしくて手が込んでいて見た目にも美しいものを食べたいという日本人の願望が、弁当文化をさらに進化させているのかもしれない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ