焼き鳥店の開店時、5人で1本の串しか頼まなかった客の末路

12月4日(水)16時0分 NEWSポストセブン

焼き鳥店の開店をめぐってトラブル勃発

写真を拡大

 大切なお客様か、迷惑客か、線引きは案外難しいものだ。中国の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。


 * * *

 中国の社会で、このところ頻繁に見かけるようになった言葉がある。「冷暴力」である。日本語に意訳するなら「嫌がらせ」となろう。真っ先に思い浮かぶのが、みかじめ料を払わない飲食店に対し、地回りのヤクザがする嫌がらせだ。中国社会でもむしろ古典的な手口として知られている。


 今回、社会に蔓延する「冷暴力」で話題をさらったのは、上海市内で互いに焼き鳥屋を経営する二つのライバル店の間に持ち上がったケースだ。ふたつの店とも「名門 焼き鳥」と名乗り店名も似ていた。そして開店以前からの因縁もあった。9月末に『新民晩報』などが伝えた。


 トラブルが起きたのは、今年4月末のことである。場所は上海市宝山区。同月浦鎮に除という人物が新しく開店した「名門 焼き鳥店」である。その日、祝いの花などが飾られた店に現れたのは、男ばかりで計25人の団体客であった。


 開店間もない不安な時期に、25人のグループの来客ともなれば、店主は歓喜しても不思議ではない。ところが、除さんは入ってきたグループのなかに二人の知り合いの顔をみとめ、表情を曇らせた。グループを率いてきた馮と張は、徐さんとは以前から知り合いで同業者でもあった。二人は同じ上海市で焼き鳥店を経営していて、徐さんに対し、「もし近くで店を開いたら報復すると」と警告していたのだ。


 徐さんの嫌な予感は、間もなく的中する。案の定、グループは店に入ったまま、何も注文しないまま、ただ居座り続けたのである。すぐに迷惑行為だと判断した徐さんは警察に通報。するとその時点でやっとグループは、数本の羊肉の串をオーダーしたという。その数は5人でたった1本の串。


 この行為は嫌がらせと認定され、主犯格の二人には騒動挑発罪で9か月、その他の13人にはそれぞれ6ヵ月から7か月の懲役刑が言い渡されたという。

NEWSポストセブン

「焼き鳥」をもっと詳しく

「焼き鳥」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ