チリ、容疑者身柄引き渡し要請の審理開始へ=筑波大生行方不明事件で

12月5日(木)7時31分 時事通信

 【サンパウロ時事】フランス東部ブザンソンに留学していた筑波大生、黒崎愛海さん=東京都出身=が2016年12月から行方不明になっている事件で、チリ最高裁は4日までに、仏検察当局から要請されたチリ人の元交際相手ニコラス・セペダ容疑者の身柄引き渡しに関する審理を12日に開始することを決めた。セペダ容疑者は12日に出頭するよう命じられ、現れない場合は拘束するという。
 黒崎さんはセペダ容疑者とブザンソン近郊で食事をした後、行方が分からなくなった。同容疑者は直後に帰国した。
 仏当局はセペダ容疑者が黒崎さんを殺害したとみて殺人容疑で国際手配しているが、チリ当局は証拠が不十分だとして身柄拘束などに応じていない。今回の身柄引き渡し要請にチリ側が応じる可能性は低いとみられている。 

[時事通信社]

時事通信

「容疑者」をもっと詳しく

「容疑者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ