「おひとり様用家電」は中国の新たな消費トレンドか—中国メディア

12月5日(木)8時40分 Record China

一人用炊飯器、一人用ヘルシーポット、小型洗濯機など、「おひとりさま用家電」が、一人で楽しく生活を送りたいと考える人々の間で人気になっているほか、消費の高度化における新たな商機となっている。写真は上海の一人カラオケ。

写真を拡大

一人用炊飯器、一人用ヘルシーポット、小型洗濯機など、「おひとり様用家電」が、一人で楽しく生活を送りたいと考える人々の間で人気になっているほか、消費の高度化における新たな商機となっている。重慶晨報が伝えた。

■ほとんどのキッチン家電をカバー

上海に住む若い女性・何さんは最近、「一人用炊飯器」を購入した。「普段はいつも家で一人で食事をするので、3-4人分のご飯を炊いて、残ったら捨てるというのはちょっともったいないと思っていた」と何さん。一人用炊飯器を購入してからは、必要な分だけ炊くことができるようになり、「炊く米が少なすぎて釜の底が見えてしまう」というようなことはなくなった。

小型洗濯機をずっと使っているという若い男性・王さんは、「一人暮らしをしているので、たくさんの洗濯物が出るということはない。普通は3キロの容量があれば十分。『おひとり様用家電』は、僕にとって生活必需品になっている。小型洗濯機は、小さくても機能は十分揃っているので邪魔にならず、借家で一人暮らししている若者にぴったりだ」と話す。

現在、電気製品市場では、「おひとり様用家電」が続々と登場している。ECプラットフォーム・天猫(Tmall)の公式統計によると、今年の「ダブル11(11月11日のネット通販イベント)」では、「おひとり様用」のキッチン家電の販売の伸び(前年同期比)が、キッチン家電の伸びの2倍に達し、ミニキッチン家電が合計230万個売れた。地域別で見ると、広州、上海、深セン、北京、杭州などにおける販売量の全体に占める割合が18%に達した。

市場が活況となっているため、新しい種類の小型家電も続々と登場している。天猫のキッチン家電業の運営担当者である朱明●(ジュウ・ミンシュエン、●は王へんに旋)さんは、「以前、『おひとり様用家電』を扱っていたのは有名な大手ブランドがメインだったが、今では小さなメーカーも、機能も見た目もいい『おひとり様用家電』を生産するようになった。その種類も豊富になっている。例えば、キッチン家電を例にすると、従来の炊飯器や電気ポットなどだけでなく、ホットサンドメーカー、卓上ポット、豆乳メーカー、ミキサー、コーヒーメーカーなど、ほとんどすべてのキッチン家電をカバーするようになっている」と説明する。

■「おひとり様用家電」のヒットは消費の高度化の表れ

「おひとり様用家電」がトレンドとなっていることで、現代の人々の新たなニーズが満たされており、家電メーカーは新たな変化にうまく対応している。

業界関係者の多くは、「中国の世帯規模は日に日に小さくなっているというのが、『おひとり様用家電』が大ヒットしている主な原因」と声を揃える。上海金融・法律研究院の研究員・劉遠挙(リウ・ユエンジュー)氏は、「これまでは、『3人暮らし』というのがスタンダードだったが、今はそれが『夫婦二人暮らし』と『子供一人暮らし』という、2つの小型世帯に分かれるようになっている」と分析する。

生活を楽しむ方法が増え、消費が高度化しているというのも、「おひとり様用家電」が人気となっている原因の一つだ。ECプラットフォーム・蘇寧易購を見ると、炊飯器や電気ポットなどの定番のキッチン家電のほか、ミニオーブンや料理用ミキサーなどの「おひとり様用家電」の販売量も大幅に増加しており、それぞれ前年同期比で102%増、855%増となっている。

家電メーカー・小米傘下のスマート家電メーカー・米家のブランド責任者は、「消費者がより高い審美眼と消費能力を備えるようになると、個性的なニーズを満たす高品質の製品を購入して、自分の個性や生活に対する姿勢をアピールする人が増えていく。『おひとり様用家電』が大ヒットしているのは、消費が高度化していることの具体的な表れだ」との見方を示す。

「おひとり様用家電」市場が非常に活況になっていることで、メーカーも新たな商機を見出している。社会・経済が発展し、年収が2万ドルを超える若者がますます増えている。これは、先進国(地域)に仲間入りする所得の面のハードルでもある。「人々の所得が増加すると、質の高い生活を送りたいという人も増加する。そんな中、各種機能を備えた『ミニ家電』は、より質の高い生活を体験させてくれる」と劉氏。

「おひとり様用」の製品やカスタマイズ製品は海外でも人気になっている。上海社会科学院社会学研究所の楊雄(ヤン・シオン)所長は「特に、日本などで、現地のメーカーがさまざまなグループを対象にし、さまざまな機能を備えた、さまざまなデザインの製品を開発している。『おひとり様用家電』は、質の高い生活をしたいという人々の願いを満たしている。市場が拡大を続けているのを背景に、人々の『質の高い生活をしたい』という願いはその他の分野にも波及していくだろう。現在、日本などでは、『おひとり席』を設置する飲食店、一人カラオケ専門店などが登場している。そのような、ユニークなサービスを提供する店に、中国でも今後大きな商機となるかもしれない」と分析する。(提供/人民網日本語版・編集/KN)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ