ズボンをまくり上げてびっくり!ジムに置かれたマッサージチェアから大量の虫—中国

12月6日(金)20時20分 Record China

先日、中国深セン市のジムに設置されたマッサージチェアの一台から大量の小虫が見つかるという事態が起こった。資料写真。

写真を拡大

中国では、QRコードをスキャンすることで一時的に利用できるマッサージチェアがショッピングモールや映画館などによく設置されている。先日、その中の一台から大量の小さい虫が見つかるという事態が起こった。中国メディア・中国経済網が伝えた。

記事によると、深セン市福田区に住む羅(ルオ)さんは今月2日、ジムでのトレーニング後、エントランス付近に設置されていたマッサージチェアを利用。しかし、マッサージが終わってすぐに脚のあたりにかゆみを感じ、ズボンをまくり上げたところ、小さな赤い虫がびっしりとくっついていたという。脚には小虫によるかみ傷もできたそうだ。

知らせを受けた記者がジムを訪れて調べたところ、羅さんが座った一台の縫い目の間に大量の小虫がいるのが確認されたという。なお、ほかのマッサージチェアには異常はなかったそうだ。

羅さんが電話で問い合わせると管理者は謝罪した上で「そのような事態が起こったことに驚いている。通常は、第三者の清掃スタッフが毎日清掃にあたっているはずだ」と語ったそうだ。

記事によると、今回の事態について、マッサージチェアの会社の責任者は「以前、誰かがマッサージチェアを利用したときに食べ物か飲み物をこぼし、それが腐って虫が湧いたのだろう」と予想している。同社は羅さんに対し、損害賠償を申し出ているという。(翻訳・編集/岩谷)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ