<サッカー>韓国を嘲弄?ブラジル選手らのダンスに批判=韓国ネット「不快」「特になんとも…」

2022年12月6日(火)13時0分 Record China

6日、サッカーのカタール・ワールドカップ決勝トーナメント1回戦が行われ、ブラジル代表は韓国代表を4‐1で下し、ベスト8に進出した。

写真を拡大

2022年12月6日、サッカーのカタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦が行われ、ブラジル代表は韓国代表を4‐1で下し、ベスト8に進出した。韓国・東亜日報によると、この試合でブラジル代表選手らはゴールを入れるたびにダンスを踊るゴールセレブレーションを行ったが、これをめぐり「失礼だ」と批判の声が上がっている。

ブラジル代表は前半序盤から攻撃を仕掛け、7分で先制点を決めた。選手らは円になって飛び跳ね、喜びを表現。FWネイマールなどは観客の前でダンスを披露した。その後の追加点でも選手らはダンスを踊り、3点目を入れたFWリシャルソンはベンチに駆け寄り監督らも巻き込んでゴールセレブレーションを披露したという。

この行為について、マンチェスター・ユナイテッド主将で現在は解説者として活動するロイ・キーン氏は、英テレビ局ITVの中継で「相手国を見下した行為」「得点するたびに踊るのは失礼」「最初のゴールのときは構わないが、毎回は駄目だ」「監督まで参加した。気に入らない」などと批判した。共に解説する元リバプールのグレアム・スーネス氏も否定的な見解を示したという。

ダンスを踊るゴールセレブレーションについて、ブラジル代表監督は先月23日の記者会見で「われわれのダンスは誰かを狙って嘲弄するものでは決してない」「ダンスはわれわれが誇る文化の一つ。文化を尊重してほしい」と訴えていた。FWハフィーニャはW杯前に「われわれは10点目のゴールまでダンスを考えている」「それ以上ゴールを決めた場合は即興で踊ることになる」などと話していたという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは「特になんとも思わなかったけど?」「ブラジルは派手なゴールセレブレーションで有名だから当たり前に受け入れた」「他の国なら許せなかっただろうけど、ブラジルだからOK」「愉快でいい。ブラジルに優勝してほしい」「僕も一緒に踊ってしまったよ」など、問題視しない声が多数寄せられている。

一方で「とても不快だった」「イライラして見られなかった」「ダンスはほどほどにするべきだ」と批判する声も。

その他「早々に勝利をあきらめて、ブラジルのサッカーを純粋に楽しんだ」「10種類のダンスを全て見せられるかと思った」「プロにはショーマンシップが必要。ムカついたけど理解できなくはない」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

Record China

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

「韓国」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ