韓国人ゲーマーが永久追放に、「無礼な行為」で—中国メディア

12月7日(木)20時40分 Record China

7日、国際eスポーツ大会で足を使ってキーボードを操作した韓国人選手が「永久追放」を言い渡されたとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。資料写真。

写真を拡大

2017年12月7日、国際eスポーツ大会で足を使ってキーボードを操作した韓国人選手が「永久追放」を言い渡されたとの報道に、中国のネットユーザーが反応を示している。

この処分を受けたのは、米ロサンゼルスで4日に開かれた「ZOTAC CUP MASTERS」決勝戦で中国の選手を破ったイム・ホンギュ(Larva)選手。左手の代わりに左足を使ってキーボードを操作したり、寝そべるような姿勢で操作したりするなどしたイム選手には「公式試合においてあまりにも無礼」という批判の声が多数出ていた。

中国・環球網は6日付の記事で「イム選手の不文明な行為はネットユーザーの強い批判を招いただけでなく、主催者がコメントを出す事態にもなった」と報じ、主催者がイム選手の「ZOTAC CUP」出場禁止を宣言したと伝えた。

この措置に中国のネットユーザーからはさまざまなコメントが寄せられており、中には「相手を尊重すれば、相手もその人を敬ってくれるものだ」と諭すように書き込むユーザーもいた。(翻訳・編集/野谷)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

韓国をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ