「放人!放人!放人!」=ファーウェイCFO逮捕で中国版ツイッターに釈放求める声あふれる

12月7日(金)16時50分 Record China

6日、ファーウェイの孟晩舟CFOが米国の要請を受けたカナダ当局に逮捕された問題で、中国にある米国大使館、カナダ大使館には多くのネットユーザーから釈放を求める声が寄せられた。写真はファーウェイのロゴ。

写真を拡大

2018年12月6日、環球時報によると、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟(モン・ワンジョウ)副会長兼最高財務責任者(CFO)が米国の要請を受けたカナダ当局に逮捕された問題で、中国にある米国大使館、カナダ大使館の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントには多くのネットユーザーから釈放を求める声が寄せられた。

孟氏はファーウェイ創業者の長女で、逮捕は今月1日。米国による対イラン制裁に違反した疑いが持たれているという。

同紙はカナダにある中国大使館が「中国は米国、カナダ両国に対して厳正な申し入れを行った」と表明したことに触れた上で、「この問題が中国の民衆の憤怒を引き起こした。多くのネットユーザーが両大使館に対し釈放要求のコメントを寄せた」と指摘。米大使館には「米国に対する見方が変わった」「米国は中国企業にさまざまな圧力をかけている。そして今度はカナダで中国人を逮捕。中国の台頭をそれほど恐れているのだろうか?これが世界一の大国の風格?」などの声が寄せられたと報じた。

一方、カナダ大使館については、「多くのネットユーザーが『カナダは主権国家から米国の手先になってしまったのでは』との疑念を持った」と述べ、「カナダの行為は人権侵害」と訴える声や、「放人!放人!放人!」など孟氏釈放を求めるコメントがあふれたと伝えている。(翻訳・編集/野谷)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ