女子更衣室を盗撮した罪に問われた韓国代表競泳選手ら、5人全員無罪に=韓国ネットは判決を批判「証拠があるのに」「犯人が自供しても無罪?」

12月8日(金)14時50分 Record China

7日、女子更衣室に隠しカメラを設置し女子選手らの姿を盗撮したとして起訴された韓国の現役・元競泳男子代表選手ら5人全員に、無罪判決が下った。資料写真。

写真を拡大

2017年12月7日、女子更衣室に隠しカメラを設置し女子選手らの姿を盗撮したとして起訴された韓国の現役・元競泳男子代表選手ら5人全員に、無罪判決が下った。韓国・ニュース1などが報じた。

水原(スウォン)地裁は7日、性暴力犯罪の処罰および被害者保護などに関する法律違反(カメラなどを利用した撮影)の罪で在宅起訴されたA氏(24)、B氏(25)ら元代表を含む競泳男子代表選手5人に無罪を宣告した。

A氏は2009〜13年にかけ、京畿(キョンギ)地域の高校のプール女子更衣室と忠清北道(チュンチョンブクド)にある選手村内の女子更衣室に万年筆型の小型隠しカメラを設置し、6回にわたって女子選手らの姿を撮影した罪で起訴された。

またB氏ら4人は、A氏による隠しカメラの設置を手助けしたり、見張りを行ったりするなど、同犯行に加担したしたとして起訴された。

裁判所は「A被告はB被告ら4人が自身の犯行に加担したと陳述したが、B被告ら4人は一貫して容疑を否認している」とし、「当時の状況をみるに、B被告らがA被告の犯行に加担する理由がなかったものと判断される」と説明。また「検察はA被告の供述に基づいてB被告ら4人を起訴したが、有罪を認めるにはその因果関係が合理的で疑いの余地がない程度の証明がなされなければならないが、本件ではそれがなされていない」として、B氏ら4人を無罪と判断した。

またA氏については、「被告人は自分が犯行したと陳述しているが、それを証明するだけの他の証言などの補強証拠がなく、やはり犯罪の証明がない場合に該当する」として無罪を宣告した。

判決を受け、検察関係者は「判決文に摘示された無罪の理由を検討した後、控訴するかどうかを決定する」と明らかにした。

この報道を受け、韓国のネットユーザーから1000件をゆうに超える数のコメントが寄せられているが、大半は判決内容を批判するもののようだ。コメント欄には、「万年筆型の隠しカメラという盗撮の証拠があるのに無罪なの?」「本人の自供があって、盗撮された証拠もあるのに無罪?」「盗撮に寛大な判事だったということ?」「国民はこんな無能な判事を信用しなければならないのか」「判事は法を勝手に解釈しているように感じる」など厳しい意見が並んだ。(翻訳・編集/三田)

Record China

この記事が気に入ったらいいね!しよう

このトピックスにコメントする

盗撮をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ