燃料電池自動車約600台を北京冬季五輪張家口ゾーンに導入—中国

12月8日(水)7時50分 Record China

河北省張家口市の街頭で6日、市民が燃料電池自動車に乗っていた。

写真を拡大

河北省張家口市の街頭で6日、市民が燃料電池自動車(FCV)に乗っていた。

「エコな冬季五輪」を理念に掲げる北京冬季五輪を後押しするため、五輪開催期間中、張家口ゾーンには、625台の燃料電池自動車が導入され、大会の交通運輸サービスを支える。現時点で、約400台のFCVバスが張家口市内で運行されている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)

Record China

「五輪」をもっと詳しく

「五輪」のニュース

「五輪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ