緊張続くエルサレムは今、金曜礼拝後 抗議活動激化か

12月8日(金)19時30分 TBS


 トランプ大統領が「イスラエルの首都」と発表し、緊張が続いているエルサレムは8日、重要な礼拝が行われる金曜日を迎えています。現地から村瀬記者の報告です。
 トランプ大統領に対する抗議が広がるなか、イスラム教の金曜礼拝が行われているところです。トランプ大統領の演説直後から続いている抗議活動は、この金曜礼拝直後にもっとも激しくなるとみられています。

 私のいるこの場所でも、デモが起きる可能性が高いとみられていて、イスラエル側の治安部隊は重武装で警戒にあたっています。イスラム教の聖地、岩のドームやアルアクサ・モスクは門の内側にあります。金曜礼拝が終わり、大勢の信者が一斉にこの門から出てきて、こちらに集まることになります。

 予想されるデモに備え、エルサレムやヨルダン川西岸、ガザ地区などでは緊張が高まっています。(08日18:58)

TBS

この記事が気に入ったらいいね!しよう

抗議をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ