罰として娘のSNS権限を奪った父親、好き放題の投稿で娘より人気者に(米)<動画あり>

12月9日(月)21時47分 Techinsight

娘のSNSでやりたい放題の父親(左)(画像は『Larry Sumpter 2019年11月13日付Facebook「Here we go! Parent take over day 3!!! She definitely should have chosen the month of grounding instead of 2 weeks and giving us access to all of her social media!!」』のスクリーンショット)

写真を拡大

今どきの10代にとってInstagramやSnapchatなどSNSへの写真投稿は友達との交流に欠かせないものとなっているが、このほどアメリカで娘への罰としてSNSの権限を奪った父親がいた。しかもこの父親、娘のSNSに動画や写真を投稿したところ、フォロワーが倍増したという。『TODAY』『The Sun』などが伝えている。

米テキサス州デントンに住む建設の仕事でマネージャーをしているラリー・サンプターさん(Larry Sumpter、43)は、妻のタウニャ・フォードさん(Tawnya Ford)と6人の子供達に囲まれて幸せな生活を送っている。しかしある日、高校2年生で15歳の娘マデリンさん(Madelynn)が、両親に内緒で男の子と一緒にパーティーに出かけて外泊したことが発覚した。

ラリーさんがこれを見過ごすことはなかった、マデリンさんに罰としてスマートフォンの使用を1か月間禁止するか、もしくは2週間の禁止に加えSNSの権限をラリーさんに渡すという2つの選択肢を与えた。するとマデリンさんは長いことスマートフォンの無い生活は耐えられないと考えたのか、後者を選んだ。

しかしマデリンさんは、この選択が間違いだったと後悔することになる。先月11日からマデリンさんのSNSアカウントを手に入れたラリーさんは、手始めにマデリンさんのInstagramに自分のセルフィーを投稿し「可愛いんじゃない」とコメントした。

15歳少女のInstagramに微笑む中年男性の顔写真が突如投稿されたとあって、マデリンさんのフォロワーや友人達は驚いたに違いない。ところがラリーさんの投稿は好評だったようで、多くの「いいね!」がついた。

慌てたマデリンさんは、選択肢を「1か月スマートフォン禁止」に変えて欲しいと懇願したが、ラリーさんの答えは「ノー」だった。その後も味をしめたラリーさんは、今度はマデリンさんのTikTokにダンスをしている動画を投稿した。

それはラリーさんが義理の息子と一緒に、ホットパンツにクロックトップというヘソ出しルックでマディ&テイ(Maddie&Tae)の『ガール・イン・ア・カントリー・ソング』に合わせてギターを持ってダンスをするというものだった。これもたちまち大人気となり、同じ動画をFacebookにも投稿したところ再生回数が85万回にも上った。

その後もラリーさんの暴走は止まらず、時には金髪のウィッグを被り、マデリンさんのものと思われるパステルブルーのTシャツを着て、手首にはシュシュをつけた格好で写真を撮って投稿した。しかもその格好でマデリンさんを学校まで迎えに行くこともあるそうだ。

ラリーさんが人気を博したことにより、マデリンさんのSNSのフォロワーは自ら使っていた頃に比べ、2倍に増えたとのことだ。既に約束の2週間が過ぎたため、マデリンさんのSNSにラリーさんが新たに投稿することはないが、ラリーさん本人のアカウントをInstagramやTikTokで開設して欲しいと望む声が相次いでいるという。

http://youtu.be/knZdmXL-vsM

画像は『Larry Sumpter 2019年11月13日付Facebook「Here we go! Parent take over day 3!!! She definitely should have chosen the month of grounding instead of 2 weeks and giving us access to all of her social media!!」』のスクリーンショット

Techinsight

「SNS」をもっと詳しく

「SNS」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ