日本人俳優が中国映画に初主演!「破陣子」の綾野剛、660万人動員の舞台劇を映画化—中国

12月11日(火)11時10分 Record China

10日、俳優・綾野剛が主演の中国映画「破陣子」がクランクイン。人気舞台劇を映画化したこの作品で、南宋時代に中国へ流れ着いた日本の貴族を演じる。写真はソン・ジア。

写真を拡大

2018年12月10日、俳優・綾野剛が主演の中国映画「破陣子」がクランクイン。人気舞台劇を映画化したこの作品で、南宋時代に中国へ流れ着いた日本の貴族を演じる。新浪が伝えた。

過去には高倉健さんがチャン・イーモウ(張芸謀)監督の「単騎、千里を走る」に主演したが、完全な中国資本の作品に日本人俳優が主演するのはこれが初めて。10日、映画「破陣子」が中国でクランクインし、来年公開に向けて撮影が進められる。

「破陣子」は、過去6年の間に20都市以上で公演が行われ、約660万人を動員した同名舞台劇を映画化するもの。壇ノ浦の戦いで海に飛び込み、南宋の沿海の村にたどり着いた日本人貴族・平安と、村の女性との恋愛を軸に、笑いの中に涙ありのストーリーが展開されていく。

メガホンを執る董天翼(トン・ティエンイー)監督は、人気舞台劇を8年がかりで映画の脚本に仕上げた。主演俳優を決めるに当たって、数々の日本人俳優の作品を見たが、「彼の演じる作品はどれも違う人に見え、この俳優しかいないと思った」と綾野剛のカメレオンぶりにほれ込み、直筆の手紙でラブコールしたことを語っている。

日本人貴族と恋に落ちる村の女性役には、映画「レッドクリフ」などで知られる演技派女優のソン・ジア(宋佳)を起用。なお、綾野剛は半年前から中国語の勉強をスタートし、今月6日に開設した中国版ツイッターでは、中国語のメッセージ動画を公開。ファンからは開設を喜ぶ声や、「中国語がこんなに上手だなんて」と驚きの声が寄せられている。(翻訳・編集/Mathilda)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ