日本のF35購入、米国にとっては「一石三鳥」の理由—米メディア

12月13日(木)1時20分 Record China

10日、観察者網は、日本が米国よりF35ステルス戦闘機を追加購入する計画について、米国内の専門家らが示した米国にとっての三つのメリットを紹介する記事を掲載した。写真はF35。

写真を拡大

2018年12月10日、観察者網は、日本が米国よりF35ステルス戦闘機を追加購入する計画について、米国内の専門家らが示した米国にとっての三つのメリットを紹介する記事を掲載した。

記事は、米軍事メディア・ディフェンスニュースの10日付記事を引用。日本政府がF35戦闘機を100機追加購入する計画を示したことは、米国の世界戦略にとって「一石三鳥」になるとした。

1点目は「対中圧力が増し、アジア太平洋における軍事力が高まること」。記事は「微妙な生存環境にある日本が唯一生き残り、自らの利益を守るには中国への威嚇が必要であり、そのためには強いパワーが必要」とした上で、「米国にとっても日本と米海軍の協力が強まるだけでなく、F35のセンサーシステムやデータ融合能力によって、アジア太平洋地域の盟友との情報交流能力が高まる」とする専門家の見解を伝えた。

2点目には、日本との「大商い」によって、仮にトルコからのF35の大量注文がキャンセルになったとしても、米国の工業が受けるダメージを補填できる点を挙げている。

そして3点目は「日本が『F3』を開発する可能性をつぶせること」とした。「日本は現在F22とF35を融合した新型戦闘機をF2の次世代機として研究しているが、F35の購入はこの計画を諦めざるを得なくさせる意味がある。現在42機のF35購入予定に、さらに100機を購入するとなれば、完全に計画を『殺す』ことはできなかったとしても、基本的に計画を進められなくすることはできる」という専門家の意見を伝えた。(翻訳・編集/川尻)

Record China

「F35」をもっと詳しく

「F35」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ