伊メディア、CMG台長にメディア変革や外交問題などインタビュー

12月17日(火)22時30分 Record China

 中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)の慎海雄台長は15日、イタリアの大手メディアグループ「メディアセット」傘下のニュースチャンネル「TGCOM24」のテレビインタビューを受け、メディアの変革、中国経済、中米貿易交渉および香港問題などについて、司会者からの質問...

写真を拡大

 中央広播電視総台(チャイナ・メディア・グループ/CMG)の慎海雄台長は15日、イタリアの大手メディアグループ「メディアセット」傘下のニュースチャンネル「TGCOM24」のテレビインタビューを受け、メディアの変革、中国経済、中米貿易交渉および香港問題などについて、司会者からの質問に答えました。

 メディアの変革について慎台長は「今やCMGは単なるラジオとテレビだけの放送局ではない。国際的にも一流レベルのオリジナル動画や音声番組を制作し発信する、新たなメディアへの転換を目指している」と述べました。

 また、中米貿易交渉については「中国は『和を以て貴しと為す』の精神で、人類の運命共同体を築き、相互的な協力関係を結んでいく。今回のラウンドの中米貿易交渉を通じて、中米関係は安定し、さらに発展していくものと考えている」と語りました。

 そして、香港問題については「西側の多くのメディアは偏った立場から香港問題を報道している。米国などの政治家を含む一部の人々は、これを利用することで中国の発展、特に大陸部の発展をけん制しようと企んでいる。これは完全な冷戦思考であるため、我々は非常に危惧している」と指摘しました。(提供/CRI)

Record China

「インタビュー」をもっと詳しく

「インタビュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ