韓流ファンの迷惑行為で出発が1時間遅れ、大韓航空側がコメント—中国メディア

12月18日(火)15時10分 Record China

17日、香港発の大韓航空機が韓流ファンによる迷惑行為で出発が遅れたと伝えられた問題をめぐり、北京青年報は大韓航空側から得たコメントについて伝えた。写真は大韓航空機。

写真を拡大

2018年12月17日、香港発の大韓航空機が韓流ファンによる迷惑行為で出発が遅れたと伝えられた問題をめぐり、北京青年報は大韓航空側から「自身の事情が原因で機体から降りることを申請されたお客さまは確かにいらっしゃいました」とのコメントがあったと報じた。

これまでの報道によると、香港国際空港で中国人と香港人の計3人による騒ぎが起きたのは15日午後のこと。3人はアイドルグループ・ワナワンを近くで見るため、メンバーが利用する便の座席を3人分予約した。しかし、目的を果たした後にチケット代金の払い戻しを求め、無理を通して機体を降りたそうだ。この結果、乗客約360人が再び保安検査を受けることを余儀なくされ、出発に1時間の遅れが生じた。

大韓航空のPR業務を請け負うPR会社は北京青年報の取材に対し、自身の事情が原因で機体から降りることを申請した客がいたことを認めた上で、「出発遅れはファンによる追っかけが原因」との点については「分からない」としたそうだ。PR会社はこのほか、出発遅れとなった大韓航空が香港国際空港に一定の手数料を支払ったことを説明したという。(翻訳・編集/野谷)

Record China

「大韓航空」をもっと詳しく

「大韓航空」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ