シャーロット王女が通う高級保育園で、ウィリアム王子を待ち受ける「パパ友会」

12月20日(水)18時0分 ニューズウィーク日本版

シャーロット王女は兄ジョージ王子の2倍の費用がかかる保育園に入る。そこで行われている英才教育とは......>

シャーロット王女が来年1月から通うと発表されたロンドンのウィルコックス・ナーサリースクール。一家が住むケンジントン宮殿に近い高級住宅街に位置する1964年創立の歴史ある保育園で、英大衆紙サンによると年間200万円の学費がかかるという。兄のジョージ王子が今年9月に入学したトーマス・ロンドン・デイ・スクール(トーマス・バタシー校)の学費は約85万円(年間)だが、その倍以上かかる保育園では何が行われるのだろうか。

粘土から考古学の授業まで

複数の現地メディアによると、ウィルコックス・ナーサリースクールは考古学や環境などを教育のテーマにしている。

自然豊かな遊び場を備え、ボールゲーム、車のおもちゃや砂場遊びも楽しめるという。さらに地の利を生かした活動もある。同園があるサウス・ケンジントン地区は、ロンドン自然史博物館、サイエンス・ミュージアムなどの博物館がひしめくエリア。幼少期から、歴史や自然に触れる機会に恵まれた環境が揃っている。

さらに興味深いホスピタリティも。同園のウェブサイトによると、子供は「離別」について不安になる可能性があることをスタッフは認識していて、子供が望んだ場合には、保育園の先生の写真を自宅に持ち帰ることができるそうだ。だからシャーロットが望めば、先生の写真がケンジントン宮殿に飾られることになるかもしれない。

マナー教育の比重が大きい

シャーロットが参加するクラスは2〜5歳の子供32人のクラス。指導にあたるスタッフは全員女性だ。制服の着用義務はない。「あまつばめ」、「つばめ」、「子白鳥」、「白鳥」の4つのグループに分けられる。

同園では、粘土遊び、歌、ダンスのレッスンをはじめ、幅広いトピックがカバーされる。子供たちの「マナー」は、算数や読み書きのスキルと同等に重要性が評価されるという。



パパ友会開催で保護者ケアも抜かりない

入園の時点でもシャーロットは2歳。もちろん、ウィルコックス・ナーサリースクールはそんな小さい子供と両親を支援する姿勢だ。「ステイ&プレイ」と題した両親参加型のプログラムもあり、家からおもちゃを持参して遊ぶこともできるそうだ。

さらに、父親のウィリアム王子には「パパ友朝食会」が待っている。他の園児の父親たちとの仲間意識も深まりそうだ。


【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を! 気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

ニューズウィーク日本版

「シャーロット」をもっと詳しく

「シャーロット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ