YouTubeで学んだ心肺蘇生法で7歳少女、倒れた母親を救う(英)

12月21日(土)21時11分 Techinsight

7歳少女が心肺蘇生法で母親を救う(画像は『Metro 2019年12月15日付「Girl, 7, races to give mum CPR she saw on YouTube」』のスクリーンショット)

写真を拡大

このほどイギリスから、気を失った母親のために救急隊を呼び、心肺蘇生まで施して救おうとした勇敢な7歳の少女の話題が届いた。少女は心肺蘇生法について誰からも教わったことはなく、YouTubeを見て学んだという。『Metro』『Mirror』などが伝えている。

イギリス在住の2児の母ベッキー・グリーンさん(Becky Green、32)が先月、7歳の娘ジェシカ・キンダーちゃん(Jessica Kinder)に命を救われた出来事があり、メディアが注目している。

ベッキーさんは長男グラント君(Grant)を学校に送った後、体調がすぐれないため学校を休んだジェシカちゃんと一緒に自宅で映画『グリンチ』を見ていた。そしてベッキーさんはジェシカちゃんのために温かい飲み物を用意している最中に突然、意識を失い倒れてしまった。

その様子を目の当たりにしたジェシカちゃんはさぞかし動揺したことだろう。しかし母親の意識を戻すために、グラスに水を汲んでベッキーさんの顔にかけた。それでも反応が無かったことから、ジェシカちゃんはベッキーさんの上にまたがって自分の全体重をかけて心肺蘇生を行ったのだ。

さらにジェシカちゃんは、ベッキーさんのスマートフォンで緊急通報番号999にかけようと試みた。最初はスマートフォンのパスワードロックが解除できないため手間取った様子だったが、すぐに“緊急電話専用ダイヤル”の画面に気づいて救急隊を呼ぶことができたそうだ。

しばらくしてベッキーさんは意識が回復したが、その時には部屋に救急隊がいてジェシカちゃんはひどく動揺していたという。ベッキーさんは病院に搬送後“てんかん”と診断され、大事には至らなかったようだ。のちにベッキーさんは「何が起きたのか」とジェシカちゃんに尋ねたところ、事の次第を知ることとなった。

心肺蘇生法についてもジェシカちゃんは「YouTubeでそれをしているのを見た」と話しており、そのことに信じ難かったベッキーさんは次のように語っている。

「ジェシカは動画を見るのが好きなんですが、それらの内容をよく理解していました。しかしまさか、心肺蘇生法の動画を見ていたとは知る由もありませんでした。でもジェシカは実際に私が死にそうになっていると思って心肺蘇生を施してくれたんです。私の上にまたがって自分の全ての体重をかけなければならないということをYouTubeから学んで知っていたんですよ。」

「ジェシカをとても誇りに思っていますし、どんなに勇敢だったか今でも信じられないほどです。ジェシカにとって、私が倒れた瞬間を目にしたことは非常にショックが大きかったと思います。しかし娘は一歩踏み出して私を救おうとしました。7歳の子がですよ! ジェシカは私のヒーローです。」

なおベッキーさんは、今年のクリスマスにはいつもとは違う特別なプレゼントをジェシカちゃんに用意する予定と明かしている。

画像は『Metro 2019年12月15日付「Girl, 7, races to give mum CPR she saw on YouTube」』のスクリーンショット

Techinsight

「蘇生」をもっと詳しく

「蘇生」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ