香港警察トップ 北京で中国に露骨にすり寄る姿勢見せ批判

12月22日(日)7時0分 NEWSポストセブン

確かに同じ国だが…

写真を拡大

 香港警察トップのトウ炳強・警務処長はこのほど、北京市に公務出張した際に天安門広場を訪れ、中国の国旗「五星紅旗」の掲揚を視察。それを受け、「はためく国旗を見て国家の強大さを感じた。感激した」とのコメントを記者団に語った。


 この言葉をめぐって、香港市民からはネット上で「中国の国旗掲揚を見て感動するのは中国の“ポチ”だ。香港警察は香港市民を守るのではなくて、習近平の顔色を窺って仕事をしている」「彼にとっては、香港市民のデモ隊を捕まえて、成績を上げることがすべて。香港人の誇りを忘れてしまって嘆かわしい」などの批判の声が上がっている。


 香港各紙によると、トウ氏は北京で、公安や司法を取り仕切る共産党中央政法委員会トップの郭声コン・書記と会談。郭氏は中国共産党の最高指導部を構成する約20人の政治局員の1人であり、通常は香港という地方政府の警察トップが会える人物ではない。


 トウ氏はこの会談で、6月から7か月も続いている反政府デモで混乱する香港の現状について、「暴力犯罪分子の処罰を求めた習近平国家主席の重要講話は、香港警察の自信を倍増させた。習氏が香港警察を固く支持していることに感謝する」とも語り、習氏の香港警察への配慮に感謝の意を表明した。


 これは香港特別行政区政府の後ろ盾である中国政府との良好な関係をアピールすることで、今後の抗議デモを牽制する狙いもあるといえる。だが、香港メディアは「トウ氏が北京で、習氏や郭氏を称賛することにより、香港警察トップのトウ氏自身の存在を売り込みたいとの思惑が働いている」などとの見方を紹介している。


 とくに、反中的傾向が強い香港紙『りんご日報』は「トウ氏はもともと権力志向が強かった」などと批判し、あまり知られていないトウ氏の経歴を紹介している。


 それによると、トウ氏は1965年7月4日生まれの54歳で、両親は広東省の出身だが、トウ氏自身は香港生まれの香港育ち。香港の名門大学・香港中文大学を卒業後、公務員試験ではトップクラスで合格。香港が英領植民地だった1997年以前には最優秀の警察官僚しか選抜されない英国国立国防学院にも留学した。さらに、米連邦捜査局(FBI)にも出向するなど将来を嘱望された警察官僚だという。


 これは、香港の中国返還以降も変わらず、キャリアを積み重ね、中国共産党の幹部養成機関である中央党校で半年間研修した経験も持つ。さらに上海の幹部の教育機関の中国浦東幹部学院や中国の警察大学校に当たる「中国人民公安大学」にも特別研究員として派遣されるなど、中国共産党の中堅幹部や中国の警察官僚と交流し、中国人脈を広げている。


 そのトウ氏が図らずも中国の国旗掲揚や習氏の重要講話に感激すると述べたことから、「香港内ではトウ氏批判が高まっており、今後のデモがエスカレートする可能性が強くなった」などと伝えられている。

NEWSポストセブン

「香港」をもっと詳しく

「香港」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ