第3次世界大戦が勃発する可能性のある5つの場所、日本の近くも—米華字メディア

12月24日(月)22時30分 Record China

米華字メディア・多維新聞は23日、「第3次世界大戦の勃発地」を予想する米誌の報道を紹介した。資料写真。

写真を拡大

米華字メディア・多維新聞は23日、「第3次世界大戦の勃発地」を予想する米誌の報道を紹介した。

米誌ナショナル・インタレストは22日、米陸軍大学校(USAWC)のロバート・ファーリー教授の文章を掲載した。ファーリー教授はこの中で、第3次世界大戦が勃発する可能性がある五つの地域を挙げた。それは、南シナ海、ウクライナ、ペルシャ湾、朝鮮半島、そして「予想できない意外な場所」だという。

同教授はウクライナについて、最近、ウクライナ南部クリミア半島とロシア本土を隔てるケルチ海峡での事件で地域の緊張が高まっていると指摘。ペルシャ湾については、「クルド人、トルコ人、シリア人、イラク人の間でいつでも衝突が起きる可能性がある」とした。また、朝鮮半島については「2018年にやや緩和したものの、一貫して緊張状態にある」ことを理由に挙げているという。

同教授はこのほか、「朝鮮戦争以降、米国はすべての衝突に関する予測を誤っている。そのため第3次世界大戦の到来はまったく予想し得ない場所である可能性もある」と指摘しているという。(翻訳・編集/北田)

Record China

「世界」をもっと詳しく

「世界」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ