25歳カップル パーティーから帰宅後、車中に2歳女児を放置し死なせる(米)

12月26日(水)10時0分 Techinsight

我が子を車中に放置し死なせた両親(画像は『Fox 5 NY 2018年12月22日付「Parents charged in death of their toddler daughter left in car after party」』のスクリーンショット)

写真を拡大

我を忘れるほど酒に酔ったとしても、大切な我が子の存在を忘れるとあっては親として失格だろう。今年9月に米テキサス州で、パーティー後に夫婦2人が女児を車中に放置したままにして死亡させるという事件が起こり、このほどその2人が起訴された。『Houston Chronicle』『Fox 5 NY』などが伝えている。

米テキサス州ハンブルに住むオルガ・エスクヴェル(25歳)とその夫エンジェル・エスクヴェル・ブランコ(25歳)は、今年9月15日に娘アリシアちゃん(2歳)を伴ってパーティーへと出かけた。しかし帰宅後、アリシアちゃんにとって予想もしない出来事が起こった。

一家は真夜中近くに家に着いたのだが、オルガは酔っぱらっていた夫を家の中へ連れて入るとそのまま自分も眠ってしまい、アリシアちゃんは車内に放置されたままになってしまった。

翌16日、正午近くに目覚めたオルガは娘を車に置き去りにしたままにしたことに気付いた。当初、アリシアちゃんは後部座席に乗っていたがチャイルドシートはなく、自ら助手席に移動したのだろう。そこで意識不明の状態になっている娘を発見したオルガは、アリシアちゃんに水を浴びせ、CPR(心肺蘇生法)を試みた。しかしアリシアちゃんが息を吹き返すことはなかった。

オルガはその後、1時間以上も経った午後2時25分頃に911へ緊急通報した。通報が遅れたのは「1台の携帯が見つからず、もう1台はバッテリーを切らして充電中だったから」と、オルガは後にハリス郡保安官事務所の事情聴取時に供述している。また、当初「パーティー後、娘も私たち夫婦と一緒に家で眠っていた」と嘘をついていたオルガだったが、捜査員から女児は車中で途中まで生きていたことを知らされると供述を一転し、夫を家に連れて入った後に眠ってしまったこと、アリシアちゃんを車中に一晩中放置していたことを明かした。

警察は捜査の中で夫妻の携帯電話を押収し写真や動画を確認すると、そのうち2枚の写真と1本の動画はアリシアちゃんが車中に置き去りにされていた時に自分で撮ったものであることが判明した。写真は車内を撮影したもので、動画にはアリシアちゃんが苦しそうな様子で話す姿があり、助手席のドアを開けようとしたのか、助手席とドアの間にハサミが突き刺さっていたことも分かった。更に警察は、車が止められていた私道にアリシアちゃんのサンダルも発見している。これらの捜査から、警察は少なくともアリシアちゃんは翌朝10時40分頃までは生存していたことを突き止めた。

このたび児童放棄の罪で起訴されたオルガとエンジェルだが、エンジェルは「妻が子供を車内に放置していたことなど知らなかった」と話しているという。オルガについては、アリシアちゃんについて嘘の供述をしたことに対しても起訴されている。ハリス郡地方検事のキム・オッグ氏は、「親は子供を守らなければならない義務があります。両被告はこの先、我が子を酷い死に追いやった事実と自分たちが犯した行為の結果に、一生涯苦しめられて生きていくことになるでしょう」と述べた。

なお、アリシアちゃんの死因は熱中症だったという。

画像は『Fox 5 NY 2018年12月22日付「Parents charged in death of their toddler daughter left in car after party」』のスクリーンショット

Techinsight

「パーティー」をもっと詳しく

「パーティー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ