米アップルの“非友好的”対応に韓国消費者が怒り

12月29日(土)8時20分 Record China

26日、韓国メディアは、韓国でのiPhoneの割引キャンペーンが日米中などよりも1カ月遅れて開始され、販売価格が米国や日本よりも高いことを報じた。写真はアップル。

写真を拡大

2018年12月26日、韓国・中央日報によると、旧型iPhoneを持ってくると最新のiPhone XS・iPhone XRを最大30万ウォン(約3万円)割引で販売するというアップルコリアに対し、韓国の消費者が怒りを感じている。米国・中国・日本などiPhoneの1次発売国では11月末から実施されていた割引キャンペーンを、韓国では1カ月遅れで始めた上、アップルストアでの保証価格も利用者の期待に添えていないことが原因だという。

記事によると、ソウル市内の中古品店ではiPhone7+(128GB)が38万ウォン(約3万8000円)前後で買取され、傷があまり無い商品(特級)の場合、45万ウォン(約4万5000円)近くまで買取価格が上がるという。また、iPhone7(128GB)をアップルストアのApple Giveback保証価格を利用して販売すると17万4000ウォン(約1万7000円)だが、中古品店で買い取ってもらうと28万9000ウォン(約2万8000円)で、中古品店で売った方が高い値がつく。

米国や日本とのiPhone XRの実質負担額の差も大きいという。64GB基準だと、米国ではiPhone7+と交換した場合50万5000ウォン(約5万円)だが、韓国では69万ウォン(約6万8000円)だ。また日本のNTTドコモは24カ月契約で26万3000ウォン(約2万6000円)まで下げた。一方、韓国ではまだ日本のような販売方法は行われていないという。

ある携帯電話会社の関係者は、「アップルの立場からすると、韓国は競争会社であるサムスン電子のホームグラウンドだ。韓国のスマートフォン利用者全体の15%程にあたる固定のアップル製品愛用者から収益を得ているだけなので、1次発売国から除外するなど非友好的な政策を続けている」と話したという。

これを受け、韓国のネット上では「(iPhoneは)氷点下だとバッテリーがなくなるし、アフターサービスもちゃんとしてくれない」「韓国の景気も良くないし、韓国人は韓国製品を買うべきじゃない?世界的な品質の国産製品もあるのに、わざわざ高いアップルの製品を使うなんて」などアップルに対し批判的なコメントもある反面、「アップルは韓国の国民性をよく分かってマーケティングしている」「韓国では高ければよく売れる。そういう国民性。アップルはそれを利用して商売しているんでしょ。消費者が合理的だったら合理的な価格で売るはず」とこの価格差をマーケティング手法だと捉えるユーザーもいる。

また、「これが何の差別なの?当然国によって価格設定が違うものでしょ」「自分が重要視する機能が良い製品を使えばいいじゃない。AndroidでもiOSでも、良い点も悪い点もあるし、価格が高くても買うのは個人の選択なんだからどうでもよくない?」と中立の立場をとるコメントもいくつか見受けられた。(翻訳・編集/仲野)

Record China

「韓国」をもっと詳しく

「韓国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ