早速スーパーの様子に変化、韓国の環境汚染対策、中国ネットも高評価「世界に広めて」

12月29日(日)20時40分 Record China

25日、韓国で「資源の節約とリサイクル促進に関する法律」(資源リサイクル法)の改正案が施行されると、当日からスーパーマーケットなどの様子に変化が現れた。

写真を拡大

2019年12月25日、韓国で「資源の節約とリサイクル促進に関する法律」(資源リサイクル法)の改正案が施行されると、当日からスーパーマーケットなどの様子に変化が現れた。中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で梨視頻や中央テレビ財経といった複数の中国メディアが伝えた。

同法は日本の「資源の有効な利用の促進に関する法律」に相当する。梨視頻の報道によると、今回の改正案ではリサイクルの難しい色付きのペットボトルやPVC(ポリ塩化ビニル)を含むパッケージの使用を規制することで、環境保護につなげる狙いがある。今後、リサイクルが困難な商品を販売する企業には、税金の引き上げや罰金といった措置が取られる見通しだという。

中央テレビ財経が報じたところによると、改正案が施行されたその日には、韓国各地の大型スーパーから緑色のペットボトルに入った飲料品が撤去され、新たな透明のデザインのものに置き換えられた。なお、韓国では化粧品や酒類のパッケージについても、2年以内にリサイクル可能な容器の研究開発を完成させる予定だという。

このニュースが報じられると、ウェイボーでは関連ワードが検索キーワードランキングで一時、上位にランクインした。中国のネットユーザーからは、「いいね!」「確かに、色が着いている必要はないよね」「中国にもこの動きが広まってほしい。特に、使い捨ての食器に塗料を使うのをやめてほしい」「世界的にこうなっていくべき」などと高評価するコメントが数多く寄せられている。(翻訳・編集/岩谷)

Record China

「中国」をもっと詳しく

「中国」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ