ファーウェイ、市場から排除もどこ吹く風、業績は安定の大幅成長—英紙

12月31日(月)9時0分 Record China

英紙フィナンシャル・タイムズは27日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)について、「外国の市場で排除の動きが出ているが、今年の業績は大幅に成長する見通しだ」と報じた。写真はファーウェイ・ジャパンの広告。

写真を拡大

2018年12月29日、中国メディアの参考消息網によると、英紙フィナンシャル・タイムズは27日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)について、「外国の市場で排除の動きが出ているが、今年の業績は大幅に成長する見通しだ」と報じた。

それによると、ファーウェイの通信機器は「悪意ある機能が組み込まれている」と指弾され、米国や日本、英国などで排除の動きが生じている。だがそうした動きをよそに、ファーウェイは今年、次世代通信規格5Gの商用契約を世界的規模で次々に決めている。

孟晩舟(モン・ワンジョウ)副会長兼最高財務責任者(CFO)がカナダで逮捕されて以来、ファーウェイは一貫して疑惑を否定しており、同社の郭平(グオ・ピン)副会長兼輪番会長は「不公正な扱いが逆にわれわれを世界一の座に押し上げることになる」と強気の姿勢を示している。

郭氏は「ファーウェイの参加していない5G市場は、スター選手が出場しないNBAの試合のようなもの」とし、「世界が5Gに移行する中、ファーウェイの通信インフラを排除する国は、自分たちを追い込むことになるだろう」と話しているという。(翻訳・編集/岡田)

Record China

「ファーウェイ」をもっと詳しく

「ファーウェイ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ