BIGLOBEトップBIGLOBEニュースBIGLOBE30周年記念サイト

国際総合ニュース 1

わが国からたくさん学んだ日本、なぜベッドで寝る習慣は学ばず?=中国
サーチナ 2月28日(火)12時12分
戦後、欧米の生活スタイルが普及するようになってからは、日本でもベッドで寝る人が増えてきたが、それでもまだ布団で寝る人も多いだろう。(イメージ写真提供:123RF)
戦後、欧米の生活スタイルが普及するようになってからは、日本でもベッドで寝る人が増えてきたが、それでもまだ布団で寝る人も多いだろう。(イメージ写真提供:123RF)
戦後、欧米の生活スタイルが普及するようになってからは、日本でもベッドで寝る人が増えてきたが、それでもまだ布団で寝る人も多いだろう。中国ではベッドで寝るのが一般的だ。多くのことを中国から学び取り入れてきた日本だが、なぜベッドで寝る習慣は古くから広まらなかったのだろうか。 [ 記事全文 ]
3282件中1~30件を表示
12345次の30件 →

最新トピックス

国際トピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

恋愛&結婚

アクセスランキング
1 元慰安婦のために全額使うはずでは?日本政府が拠出した10億円の使い道が物議=「韓国政府は誰のために存在?」「日本に返そう」—韓国ネットRecord China2月27日(月)11時40分
2 金正恩氏が劣等感を抱く正男氏の息子・ハンソル氏の出自NEWSポストセブン2月27日(月)7時0分
3 街頭の監視カメラが消えたりついたり、原因はなんと…おばさんが電源を充電に使っていた!—中国Record China2月27日(月)17時0分
4 入れ墨の有無「よく分からない」=正男氏事件でマレーシア保健相時事通信2月27日(月)10時31分
5 日本人が明かした「日本でのNG行動」に韓国ネットの反応さまざま=「これくらい大目に見ようよ」「韓国でも嫌がられる」Record China2月27日(月)10時30分
6 米国で深刻な病が蔓延中、特効薬なく症状は4年もJBpress2月28日(火)6時12分
7 トランプ米大統領指名の海軍長官辞退 共同通信 47NEWS2月27日(月)9時54分
8 金ハンソル氏 米・中・韓の対北カードで最大の切り札に浮上NEWSポストセブン2月28日(火)7時0分
9 乳児が母の乳がんを察知 母乳を突然飲むのをやめた息子に命を救われた母(英)Techinsight2月28日(火)8時1分
10 整形51回 “リアル・ケン”が「最も多くの美容整形を受けた男性」でギネス認定か!?Techinsight2月27日(月)12時50分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア