楽天モバイル、携帯キャリアの本格サービスは2020年4月から 三木谷氏はCEOに

1月6日(月)17時54分 ITmedia Mobile

楽天の三木谷浩史氏。写真は2019年9月に無料サポータープログラムを発表したときのもの

写真を拡大

 楽天モバイルが、MNO(携帯キャリア)の正式サービスを、2020年4月1日にスタートする。楽天の会長兼社長の三木谷浩史氏が、1月6日にメディア陣からの質疑に答えた。
 楽天モバイルは、2019年10月からMNOの商用サービスを提供しているが、ユーザーを5000人に絞った「無料サポータープログラム」という、試験的なサービスにとどめていた。同プログラムは当初から2020年3月31日までの提供としていたが、ネットワークの安定稼働が確認されたら、前倒しで本サービスを提供する可能性もあると三木谷氏は説明していた。しかし実際のところは、予定通り、3月31日まで無料サポータープログラムを継続し、4月から本サービス提供という流れになる。
 本サービスの準備については「順調に進んでいる。公的なサービスなので、万全を期して、2重3重4重に安定したサービスを提供できるように頑張りたい」とコメントした。
 地下鉄でつながりにくいでは? という指摘に対しては「順次、地下の基地局を持っていくようなことも準備を進めている」とした。
 楽天モバイルは2020年6月に5Gサービスを開始する予定で、同社によると、現時点でその予定に変更はないとのこと。他社は早ければ2020年3月にも5Gサービスを開始するが、「(楽天モバイルが5Gサービスを開始するまでの)3カ月ではそんなに変わらない。(本当の意味での)5Gの商用化というのは、まだまだこれから」と強気の姿勢を見せた。
●三木谷氏が楽天モバイルのCEOを兼任
 なお、楽天モバイルは1月6日付で経営陣の体勢を変更。新たに三木谷が同社のCEOを会長と兼任する。他に、タレック・アミンCTOが取締役を兼任、百野研太郎取締役がEVP(エグゼクティブバイスプレジデント)を兼任、廣瀬研二取締役がCFO(チーフフィナンシャルオフィサー)を兼任する。社長は山田善久氏で変更はない。役職追加の狙いについて楽天モバイルは、「各役員の役割を明確化し、意志決定のスピードアップをするため」と説明する。三木谷氏が業務執行を統括するCEOの役割を担うことで、より深く、スピーディーに楽天モバイルの意志決定にコミットすることになる。

ITmedia Mobile

「楽天」をもっと詳しく

「楽天」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ