激アツ。変換、無変換でのIMEオン・オフ、Windows 10プレビューに導入

1月7日(月)10時0分 GIZMODO


181227_keyboards
Image: shutterstock.com / Payless Images

半角/全角キーよ、さらば!

みなさん、WindowsでIMEをオン・オフする時にどのキーを使っていますか? たぶん、多くの方がデフォルトの「半角/全角キー」を使っていることでしょう。しかし最新のWindows 10 Previewでは、無変換、変換、Ctrl+Space、Shift+SpaceでのIMEオン・オフ切り替えが導入されたのです!

Windows 10 Previewのビルド 18305にて導入された、今回の新機能。Windowsキーボードのスペースバーの左右に位置する無変換や変換キーは、これまで再変換などに利用されてきましたが、これからは変換キーでIMEをオン、無変換キーでIMEがオフになります。

これのなにが嬉しいのかといえば、MacのJISキーボードのIMEオン・オフと操作が同一になったことでしょう。今どきのMacではIMEオン・オフをスペースバー左右の英数、かなキーで行ないますが、これと同じ操作がWindows 10(のプレビュー版)でもできるようになるのです!

なお、従来どおりに変換、無変換キーを使いたい場合にも、設定画面で変更が可能です。これまでユーティリティであれこれ設定を変更する必要があったIMEオン・オフのキーバインド。ぜひ、Windows 10の正式版にもこの設定が導入されてほしいですね!

Source: Windows Blog

GIZMODO

「Windows」をもっと詳しく

「Windows」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ